4/9共同飼育教室活動報告

外国産カブトムシ共同飼育教室がついに始まりました!

 

飼育方法の説明から始まり

①成虫の掘り出し

②採卵

③エサ交換

などを行いました!

この教室の命題は

・勉強の意義をしる

・学校で教えてくれないお金などの勉強をする

と言う部分にもあります。

200L9000円の土と

100L6600円の土では

どっちが高価かな?

という問いに対して

「そりゃ9000円の方でしょ」

と小学生は答えてしまいます。

こう言う問いを繰り返して、なぜ算数を勉強するのかを身につけてほしいです!

目標としては、小学校卒業までに、貸借対照表とは言わないまでも、家計簿的なものをしっかり付けれて、経費管理できるレベルにはなってもらおうと思います!

共同飼育教室で勉強する意味を知ろう!

みなさんこんにちは!

ヘラゾウの藤間です!

2022年4月より共同飼育教室を開始いたします!

4月の予定は以下です。

4/9土曜10:00~12:00

4/30土曜10:00~12:00

生徒の募集人数は残り2名になります!

お申込みは公式LINEよりご連絡ください!

 

私の本業は学習塾です。

勉強を教えるうえで、いつも思うことは、低年齢の子供達に勉強する意味を伝えるのは難しいということです。

しかし、子供達の好きなものに対するパワーはすごいのです。

ヘラゾウの共同飼育教室では、好きなものにとことん熱中し、勉強する意味も伝えていこうと思います!

具体的にどのようにするかというと、管理する生体は管理記録をとっていきます。

小学生で習う算数に「割合」という単元があります。

管理記録をとる中で

「水分量を10%変えたら卵の取れる数が20%増えたね」

なんていう会話を節々にいれます。

子供達は、カブトムシをたくさん、大きくしたいので

「割合」の考え方を自分で考え始めます!

これはあくまで一例で、世界の地理や生物に関しても学べます!

キッカケを作り、成長する場にしていきたいと思います!